在宅医療(在宅総合診療)のご案内

在宅医療(訪問診療)とは病院での定期的な診療・処方が必要であるにもかかわらず、様々な理由により通院ができない患者さんに対して、本人 ・ 家族の同意を得た上で、医師が直接ご自宅に伺って計画的かつ継続的な医療管理を行うことです。

緊急時や状態が急変したときは、24時間いつでも対応します。
診療内容は、ご自宅で病状の診察や採血などの検査、また家での生活が行えるよう、その方に適した管理指導等を致します。

必要に応じて、訪問看護師、ケアマネージャー、ヘルパー、リハビリの方々と連携をとって、共に支えます。
その名の通り、患者様のご自宅や療養施設での医療のことをさします。

【在宅医療のメリット】
住み慣れた環境で療養できるので、本人の生活の質の維持・向上が望めます。
また、通院する際にかかる 時間 ・ 経済的(交通費等)・労力(通院介助等)の負担軽減することができます。
【在宅医療のデメメリット】
外来受診とは違い往診料(出張費)がかかります。
機材等が揃っていないためご自宅での検査等できないことがあります。

対象となる患者様

● 加齢や何らかの障害(脳梗塞後遺症や認知症など)で通院が困難な方

● 施設ではなく住み慣れた環境で療養生活を送りたいと希望されている方

● 在宅でホスピスケア(緩和医療)を希望される方

在宅医療の内容

【訪問診療(往診)】
● 寝たきりの方などのご家庭を医師が訪問し、診療・治療をいたします。
【服薬指導】
● 薬剤師による内服の仕方・効能・副作用等の指導をいたします。
【栄養指導】
● 治療食や必要な栄養の摂りかたなどをご指導いたします。
【訪問リハビリテーション】
● ご自宅で、理学・作業・言語療法士による訪問リハビリテーションを受けられます。


在宅医療の流れ

入院中の方も通院中の方も、まず今の主治医に「在宅診療(訪問診療)を受けたい」という希望を伝えてみてください。
直接主治医に話しづらいときは、ソーシャルワーカー、担当ケアマネジャー、病院・診療所の看護師などが橋渡ししてくださる場合が多いので、相談してみてください。
かかりつけ医がいない場合は、お気軽にご相談下さい。

ご予約・お問い合わせ
ご本人様・ご家族様・ケアマネジャー様からのご連絡お待ちしております。
在宅医療のしくみや、診察の内容について説明させていただきます。
また、直接クリニックにお越しいただきご相談していただいても結構です。
初診
現在の病気の状況を知るために診察させていただきます。
その際に治療に対してのご希望を伺いますのでご遠慮なくお伝えください。
保険制度の手続き(介護保険の申請・身体障害者の認定の申請等)が必要な場合は、当院の相談員がお手伝いしますのでご安心ください。
また、入院されている場合はその病院から情報をいただき、治療に役立てます。
治療計画
患者様ご本人とご家族のご意向にそって、今後の治療方針をたてます。
治療計画は、わかりやすくまとめて、書面でお渡しいたします。
定期訪問
毎月2回程度、計画に沿ってご自宅に訪問し、診察を行います。
必要に応じて、お薬の処方、採決、検査・点滴等の処置を行います。
訪問予定は、前月に予定表をお配りします。
また、会計月ごとに診察代金をお支払いいただきます。
定期訪問の際にお願い致します。
【緊急時対応について】
・「いつもと様子がちがう」
・「熱が出た」
・「食欲がなくなってきた」
・「水分がとれていない」
など具合が悪くなられたら、すぐにご連絡ください。
当院へ、連絡していただきますと、外来の担当看護師が状態確認いたします。
その後、医師へ報告し、指示の元、往診か救急搬送の判断をします。
夜間・祭日は病棟看護師が、医師へ連絡いたします。
よくある質問

まずはお電話にてご様子をお知らせください。
適切な対処方法をお伝えすると同時に、必要により往診します。24時間・365日対応していますのでご安心いただけます。

説明をいれる説明を入れる

各患者さまの医療費自己負担割合に応じた金額となります。

●後期高齢者医療受給者証あるいは高齢者受給者証をお持ちの方
⇒受給者証に記載の割合(1割または3割負担)
●その他の方(国民健康保険・社会保険等)
⇒3割負担

関連施設のご案内

よしどめ居宅介護支援事業所

介護が必要になった時、お気軽にご相談ください。
専従のケアマネージャーがご相談に応じています。
介護保険の説明、介護保険の申請手続きの代行、ケアプラン(介護サービス計画)作成、各種サービスの情報提供、住宅改修や福祉用具の説明・紹介、介護に関するご相談等を行っています。

【お問い合わせ先】
住所
電話
時間を入れる